FC2ブログ

2021-01

果たして運動でストレスは解消できるのか?

健康で楽しい毎日を送るために、ストレスといかに付き合っていくかを考えた。

健康でいるためには、身体だけでなく心も健康でなくてはならない。
すなわちストレスを溜めないということが大切だ。
ストレスが原因で病気になる人も多いという。何を隠そう私自身、ストレスが原因で十二指腸に穴が空いて緊急手術して大変だった経験がある。
ストレスを溜めてはいけないというのは十分わかっているつもりだ。

しかしながら、忙しい日々の暮らしの中でストレスはどんどん溜まっていく。
これを上手く解消していかなくてはいけない。

どうすれば上手く解消できるの考えている時に、
「ストレス解消には適度な運動が一番!」
「運動をすることで心も身体も健康に!」
という情報を目にした。

なるほどなぁ。
確かに最近は運動不足になってしまっているよな。


何か運動を始めようと思ったのだが、どんな運動をしたら良いだろうか。
そう考えていると妻にこう言われた。
「私がマルちゃん(娘のあだ名)を公園で遊ばせている間に、公園の隅っこでなわとびでも跳んでりゃ良いんじゃない?(・Д・)ノ」


そうだ!!なわとびをやろう!!
俺、なわとび持ってるし!
これなら妻と娘が遊んでる様子を見ながら運動ができる!
娘も私がピョンピョンとなわとびを跳んでいるのを見たら面白がるに違いない!
ストレス解消だけでなく体力もつくし、家族サービスにもなるのでは!
こりゃ、一石三鳥!
ナイスアイディア!

そう思った私は早速ライブの時に使ってるカバンからなわとびを取り出し、妻と娘と公園に行ってきた。
(俺たちの理想のライブの時に、「ブルーハーツを聴きながら」という曲の間奏で、甲本ヒロトのジャンプのマネをしながら二重跳びを跳ぶというのをやってるので、なわとびはライブの荷物と一緒にしまってあるのだ。)


公園に着くなり、妻と娘はブランコなどで遊びだした。
私はそれを横目になわとびの準備。

ケータイのタイマー機能を使い、時間を決めて跳ぶことにした。
とりあえず5分間跳んでみようかなと始めたのだが…。




Σ(-᷅_-᷄๑)




跳び始めて気づいた。
マジメになわとびを跳ぶのって小学校以来かも…。

案の定、ビックリする程すぐに引っかかってしまう…。


最初のうちは10回くらい跳べていたのだが、すぐに疲れて2〜3回くらいで引っかかるようになってしまった…。





引っかかってもまたすぐに始めなくては!
5分間跳ぶと決めたのだから!






しかし跳ぼうとすればするほどに、どんどん引っかかって跳べなくなっていく…。



























あああああああああああ!!!!!












めっちゃイライラする!(` 皿 ´ メ)




イライラするとますます跳べなくなってしまい、何度も何度も引っかかる。
さらに、時間の感覚がわからなくなってきた。

もう随分長時間、なわとびに引っかかり続けている気がしてきた。
そろそろ時間かな?
ケータイのタイマーの音量が小さかったのかな?
鳴ったのに気づかなかったのかな?





そう思い、ケータイのタイマーを見ると、








なんと、まだ2分しか経っていない…。














おい!(` 皿 ´ メ)
ふざけんなよ、この馬鹿ケータイがよ!(` 皿 ´ メ)
まだ2分しか経ってないなんて、ぜってー嘘だろ!(` 皿 ´ メ)
俺様がどんだけなわとびに引っかかってると思ってんだよ!(` 皿 ´ メ)
つーか、たった2分でこんなにゼーゼー言うわけねーだろ!(` 皿 ´ メ)
バーカ!(` 皿 ´ メ)
お前バーカ!(` 皿 ´ メ)





と一瞬思ったのだが、タイマーは刻々と時間を刻んでいるのだ、5分間跳ばなくてはと思い、またすぐに再開した。




その後も、たまに調子よく跳べる時もあるにはあったが、やはり2〜3回毎に引っかかるようになってしまううえに、なわとびがどんどん捻れてきてしまい、私のイライラは頂点に達していた。


「キーッ!(` 皿 ´ メ)」

と、今にもなわとびを地面に叩きつけようかというところで、大きな音でタイマーが5分経ったことを知らせた。




ゼーゼー( ;´Д`)

俺って、なわとびこんなに跳べないのか…。( ;´Д`)
そういや、俺たちの理想のライブの時も、一回も跳べたことないや…。( ;´Д`)



つーか、ストレス解消のために運動を始めたというのに、なんでこんなにイライラしとるんじゃ…。


ううう…。


しばらく休憩しながら、
これではいかん、もっと楽しく運動しないと。
と思い、そういえば、小学生の頃は二重跳びができたなと思い出した。


そうだ!
二重跳びは楽しかった!
始めて跳べた時は凄く嬉しかったっけ。(´-`).。oO

そんなことを思いながら、二重跳びをすることにした。


ヒュンヒュン!
ヒュンヒュン!
ヒュンヒュン!


これが意外!
二重跳びをやってみたら結構跳べる!
身体に感覚が染み付いているようだ。


自分でも驚きながら、跳んでいる数を数えていた。


16!
17!
18!
19!
にじゅ…ウッ!





ピキーン!


その時、胸に激痛が!




二重跳びで20回目を跳ぼうとしたその瞬間、急に胸がピキーンと痛んだ!

この日始めて、なわとびが引っかからなかったのに跳ぶのをやめた。




ヤバい…。
心臓が痛い…。

多分急に激しい運動をしたから、身体がビックリしたのだろう…。






ふと横を見ると、
娘が滑り台の階段を懸命に登りながら私の方を見ている。

娘はどんどん成長している。
ついこないだ歩きだしたかと思ったら、もう公園の遊具でキャッキャと遊ぶようになった。
何度も滑り台を登っては滑ってを繰り返している。

それにひきかえこの私。
ほっといたら色んなことがどんどんできなくなっていく。
体力も記憶力も落ちる一方だ。
悲しいったらありゃしない。

娘のためにも健康でいなくてはと思い、運動を始めたというのに、たかだかなわとびごときにこんなにもイラつかされ、心臓をヤられ、
なんと情けない父親であろうか。

娘よ、父さんは今、二重跳びを跳びすぎて死にそうになっておるのだぞ。
そんなことも知らず、キャッキャ言いながら妻と娘は何度も滑り台で遊んでいる。

その後、妻から娘が「ぴーん」とか言いながら私のなわとびのマネをしていたということを聞いた。
娘が楽しそうなのが唯一の救いだ。

父さん、めっちゃイライラしてたんだけどな。一体これの何が楽しそうに見えたというのだ。

この日はこれ以上なわとびはしないことにした。
心臓はね、2日間くらい痛かったよ。


そして数週間後。
また家族で公園にやってきた。
私は、ストレス解消のためには運動が一番と自分に言い聞かせ、またなわとびをやってみることにした。

もしかしたらこないだは、たまたま調子が悪かっただけかもしれないし。
年明けから色々体調も悪かったし。
きっとそうだよ。
今日は大丈夫。

ただ、今日は二重跳びはするまい、と心に誓い、またケータイで時間を5分でセットして跳び始めたのだが、



案の定、すぐに引っかかる!

ビックリすることに今回は、一回も跳べずに引っかかることが何度か続いた。










あああああ!(` 皿 ´ メ)
めっちゃくちゃイライラするー!(` 皿 ´ メ)

ケータイの画面を見ると、なんとまだ1分40秒しか経っていない。




おいおい、まだ1分40秒しか経ってねーってどーゆーことだよ!(` 皿 ´ メ)
こっちはめっちゃくちゃ引っかかってんだぞ!(` 皿 ´ メ)
バーカ!(` 皿 ´ メ)
なわとび考えた奴バーカ!(` 皿 ´ メ)






前回ほど疲れることはしなかったが、引っかかりは今回の方がヒドく、とにかくめっちゃくちゃイライラした。

そして、こんなにすぐに引っかかるんじゃ、運動をしたことになっていないのでは?前回ほど疲れてない、と不安になってきて、
この5分間のなわとびを最低でも3セットはやろうと決めた。

イライラしつつ、なんとか2セット目までを終えるとなんだか身体に違和感が…。


あれぇ?
妙に…変だなぁ…。
右膝が、なんだかおかしいよねぇ?



しかし、そんなことは気にしない。
今日は3セットやると決めたんだから。


イライラしつつも、なんとかかんとか3セットを終えると右膝に痛みが…。






はい…。
もうダメですね。

ストレス解消のために運動を始めたというのに、私にとってなわとびはストレスがめっちゃ溜まる上に、心臓や膝にくるダメージが大きすぎる!


そんで思い出した。
この文章の序盤に、ストレスで十二指腸に穴が空いたことがあると書いたが、

あれも運動してる最中になったんだったわ!∑(゚Д゚)
高校ん時、野球部の練習中にストレスで十二指腸に穴が空いたんだった!∑(゚Д゚)
グラウンドの真ん中に救急車来てたじゃん!∑(゚Д゚)

ダメじゃん!∑(゚Д゚)

俺、運動しちゃダメじゃん!∑(゚Д゚)

運動するとストレスが溜まっちゃうタイプの人間かもしれないじゃん!∑(゚Д゚)

というわけで、今後は別の方法でストレスを解消していかねば…。
とほほ〜。

ちなみに私の今年の目標のひとつはこれだ!
20170228_01.jpg


うーむ…。
運動せずに肉体改造ってできないもんかね…。




連続100時間のライブのお知らせ

3月1日(水)高円寺UFO CLUB

料金 前売 ¥1500 / 当日 ¥1800 + 1Drink
時間 開場 18:30 / 開演 19:00 
出演 10周年 / カンナ / サカキ(The Chunleez) / 菅原ユウキ / 中川昌利 / 連続100時間
※私は22:05~出演予定!久しぶりのUFO CLUB!嬉しい!


3月15日(水)新宿メリーゴーランド

料金 前売 ¥1500 / 当日 ¥2000 + 1Drink
時間 開場 17:25 / 開演 17:55 
出演 Adrian Åsling Sellius(from Sweden) / 連続100時間 / きーさま / ミナミトモユキ / 教祖仮面 / 東京ハムカツ / 龍悦
※私は20:50~出演予定  何かまた面白そうなイベントですな!


初詣

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

先日、我が家は初詣というものに行って参りました。
大して信仰心のない私は見よう見まねで参拝をし、世界平和と、全人類の健康と幸福、そして連続100時間と俺たちの理想の大ブレイクを願いました。
妻が「おみくじを引きたい」というので、私も「どれどれ。」とおみくじをやってみることにしました。

結果は、言い出しっぺの妻が凶、特に乗り気ではなかった私は大吉ということでした。

大して信仰心が無いとはいえ、今年の運勢は大吉と言われると嬉しいもんです。

私は大吉と書いてあるのを見た瞬間、
ウヒョーイ!!( ^∀^)
これで今年一年間、世界は平和で、人類は皆健康で幸福、さらに連続100時間と俺たちの理想は大ブレイク!( ^∀^)
ヤベー!v(^_^v)♪
ゲスの極み乙女とインディゴ・ラ・エンドで同時に活動している川谷絵音みたいになっちゃうかも〜。(=´∀`)人(´∀`=)
2つの名義で同時にメジャーデビューとかしちゃったらどうしましょう〜(=´∀`)人(´∀`=)

と思ったのだが、隣で凶を出して、うなだれている妻がいる手前、
「お。( ´_ゝ`)お父さんは大吉でした。( ´_ゝ`)」
くらいの軽めのリアクションで済ませました。

凶のおみくじというのを見せてもらうと、
貴様は今年一年間、病気がちで、探し物は見つからんし、旅にも出ても良い事は無し、引っ越すな、バーカ、マヌケ〜、チビ、といった内容のことが書いてあり、
それに対し大吉は、病気は全快するし、無くした物はすぐに出てくる、望みは叶いますよ〜、引っ越しするのも良いかもね、ただあまり良いことばかりだからって人を見下すと災いが来るから調子に乗んなよ、このゲス野郎が!バーカ、マヌケ〜、チビ、ハゲ、といった内容のことが書いてありました。

そういえばこの日、出かける前に妻はお味噌汁をガス台の上に思いっきりこぼし大パニックになっていました。

さらに初詣から数日後、妻は娘のよだれかけを公園でなくしたらしい。それもわりとかわいいデザインのやつ。

それってやっぱり、今年の運勢が凶ってことなんじゃないの〜。

しかし妻はケロっと元気に明るく過ごしています。
というのも、今年の運勢が凶なのだから、何か悪いことがあってもしゃーない、という気持ちになるらしいです。

それに引き換え…。
新年早々に大吉を引き当てた幸福の申し子である私は、仕事始めの日から会社に行くと毎日お腹が痛くなり、面倒臭い案件が舞い込み、なんかやたらと腹は減るし、持病は永遠に調子よくなりそうにないし、気持ちは落ち込み気味であるのです。

大吉だというのに!



これって、も…もしかして…。


正月から大吉のおみくじを引くということで、今年の運を使い切ってしまったのではないだろうか!?

ヒィー( ;´Д`)

いや、きっとこれからだよね!
これから良いことが起きまくるに違いない!
そう思ってなきゃやってられんわい!

というわけで、
今年も絶好調の私を何卒宜しくお願いいたします。



連続100時間のライブのお知らせ

1月7日(土)池袋ADM
料金 前売 ¥1500 / 当日 ¥2000 + 1Drink
時間 開場 18:00 / 開演 18:30 
出演 タムラジュリアンダイキ / 森の子町子 / the dabadabas / おぜきなおと / 連続100時間
タムラジュリアンダイキの企画に呼んで頂きました!嬉しい〜!
連続ちゃんは20時半から出演予定です。
シンセ有り!


1/19(木)新宿メリーゴーランド
前売 ¥1500 / 当日 ¥2000
開場 18:15 / 開演 18:45
出演 ハイジ / kaetsu takahashi / モテギスミス / ロットン瑠唯 / bobtomato / 連続100時間
ボブトマト君に誘って頂きました!嬉しい!
連続ちゃんは21時頃出演予定です!
シンセ無し!


良かったら来て下さい〜

あの娘ぼくの手紙読んだ時どんな顔してたろう

ちょっと前の事だが、7月に選挙が立て続けにあって、ふと初めて選挙権を持ったハタチの頃を思い出した。

たしか、私がハタチになる誕生日の一週間後とかそのくらいに選挙があり、ちょうど投票できるなぁなんて思ったりしてたのだが、その頃の出来事で印象に残っていることがある。

私の誕生日から2~3日経った日の夜、選挙の数日前のことだ。
部屋でボケーっと岡村靖幸の「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」を一曲リピートでひたすら聴いていると珍しく私の携帯電話が鳴った。

着信だ。( ? _ ? )

知らない番号。誰だ?( ? _ ? )

暇だし、試しに出てみたら、
何と高校時代の同じクラスだった女の子からだ。
その娘とは卒業以来会ってなかったし、高校時代も特に仲が良かったワケでもない。

「Kから電話番号聞いちゃった。」とのこと。

Kというのも高校の同級生の男で、私とKは当時、仲が良かった。

「お誕生日おめでとう~!ハタチになったねぇ~!」とその娘。

何?何で、俺の誕生日を祝ってくれてるワケ~!?

「Kから最近元気がないらしいって聞いて、心配になって電話したんだよ。ちょうど誕生日だっていうし。」

とのこと。

確かに当時の私は、酷く暗い気持ちで毎日を過ごしていた。
待った無しで過ぎていく日々の中で、将来に対する不安や生きている意味、自分には何ができるのか、何もできないのか、果たして社会の役に立つ人間になることなどできるのか、そんなようなことをずっと考えていて、頭の中を真っ暗なマントで覆われているような気持ちになっていた。

大学には数ヶ月間行っておらず、その頃から自動車教習所に通い始めたが、ダラダラしてたら夏休みに入った学生たちで混み合ってきて、教習の予約が中々取れず、教習所の待ち合いで、一日中キャンセル待ちをしながらCDウォークマンで岡村靖幸の「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」を一曲リピートでひたすら何時間も聴き続けるという日々を過ごしていた。(さっきから何で一曲リピートなんだよ!どうせ暇なんだしアルバム通して聴けよ!)
そんな感じで大学だけでなく教習所すらドロップアウトしそうになってきて、自分は本当にダメな奴だと落ち込んでいた。
せっかくエレキギターを始めたというのに、趣味の合う友達もいなくてバンドも組めず、ひとりで部屋で悶々とギターを弾くばかりだったし、ひとりでライブをする勇気すらなかった。

そんな時期だったので、その娘からの電話がなんだかスゴく嬉しかった。

しかも、

「色んな本を読んだり、音楽を聴いたりしてるらしいね。今度オススメのを教えてよ。」

だってさ!


ウヒョー!なんだか知らんが、俺に興味を持っているみたいだぞ!何なんだ!?
そう思って会話を続けていると、話題は数日後の選挙の話へ。



「ハタチだから今度の選挙行けるね~。ドキドキするよね~。」

と、その娘。

その時私は、選挙なんかどうせ近所の小学校の体育館で紙に名前を書いて箱に入れるだけだ。ドキドキなどしない、と思ったのを覚えてる。

それよりもこの時の私は、急に来た女の子からの電話にドキドキしていることを悟られないように必死だった。

「もう誰に投票するか決めた?」

政治に関して全くの無知であることを告げるとその娘は、

「〇〇党が良いと思うから投票してね。」

と言ったあと、その党や候補者の良いところを私にツラツラと話し始めた。

その娘がほとんど一方的にその党の魅力をひとしきり述べたあと、電話は終わった。

内容はともかく女の子と長電話をしたということで、私は少しだけ元気が出た気がした。

電話が切れた後、携帯電話の画面を見ると、なんと1時間以上も電話をしており、画面が汗でびっしょりになっていた。


今思うと、恐らくその娘はその党の関係者か、もしくは選挙運動の手伝いとか選挙に関するバイト(そんなのがあるのかは知らないが)とかをしていたりして、世間話を装いつつ、その党への票を促そうとしていただけだったのであろう。

だって、1時間くらいの電話のうち50分以上は、その政党の話をされてたんだから。

きっとハタチを過ぎた知り合いとか同級生とかに片っ端から電話をかけていて、それでKからの紹介で私のところに流れてきたという感じだったんだろう。

しかしながら当時、世間知らずの末っ子ちゃんで超絶ピュアネスボーイだった私は、同い年なのに政治に興味を持っていて偉いな~、それにしてもずいぶんお喋りな人だなぁとか、なんで俺に電話してきたんだろう、もしかして俺の事がずっと好きだったのかしら~みたいなことを思い、すっかり舞い上がってしまった。

だが同時に、自分みたいなしょうもない奴のことを好きになる女の子なぞいるわけなかろうという思いも込み上げてきた。

急に女子から電話が来てなんだか混乱してしまったので、とりあえず近所のコンビニの前まで行き、覚えたてのタバコに火をつけた。

冷静に考えて電話してきた娘って可愛かったけな?と思い出してみた。
ブスではなかった。
ただそこまで自分の好みのタイプではなかった気がするし、その娘が高校の時に交際していた男は、私があまり好きではない奴だったので、「顔もタイプではないし、あんな奴と付き合ってたような女の子の事なんて好きになることはないだろう」と思った。
ただ!
その娘がどうしても付き合いたいですと申し込んできたら、そんときゃ付き合ってやっても良いかな~。( #´Д`)y━・~~
と、1ミリのタバコで少しクラクラした頭でそんなことを考えた。


あと、選挙に全く興味なかった私だが、誰かに電話で「この党に投票して!」って言われたからその通りに投票するのってどうなんだろ?と思ったので、数日後の選挙には行ったが、オススメされた政党や候補者には投票しなかった。


それからそんな事も忘れた数週間後。
相変わらず大学にも行かず、教習所でキャンセル待ちをしたり、無気力にアルバイトをこなしながら暗い気持ちで毎日を過ごしていると、
例の女の子から今度はメールが来た。

その内容はなんと!
「手紙を書きたいから住所を教えて~☆」
という内容だった!∑(゚Д゚)


何だそりゃ!∑(゚Д゚)
何故俺にわざわざ手紙を書こうと思ったワケ~!?∑(゚Д゚)

やっぱり俺の事を密かにずっと好きだったのかもしれないと思い、その娘に住所を送った。

数日後。

母親が不思議そうな顔で、
「なんか女の子から手紙が来てるけど( ? _ ? )」
と言って茶色い封筒を渡してきた。

私は黙ってそれを奪い盗るように受け取るとソソクサと自分の部屋に入り、ドキドキしながら早速封筒を開けてみた。


読んでみると、

「実は大学に入った頃から、すごく色んな事で悩んでいた。将来に対する不安や、生きている意味、果たして社会の役に立つ人間になれるのか、ということを考えてしまって不安になってしまうときがある。」

というような内容の事が書いてある。

それを読んで私は、
「なんだ。この娘も俺と同じような事を悩んでいるのか。」
と思い、なんだか少し親近感というか、もしかしたらこの人とは同じ気持ちを分かち合えるかもしれないなと思った。

読み進めていくと、

「そんな気持ちでいたけれど、私の所属している〇〇の人と話しているとなんだか段々こういう風にすれば良いんだ、というのがわかってきた。」

という内容の事が書いてあり、
さらに読み進めると

「〇〇の創設者の××先生はこんな事を言っていて~」
「〇〇の人たちは本当に良い人ばかりで~」
「××先生の著書が本当に素晴らしくて~」
「人生に悩んでいるなら、ぜひ〇〇に触れてみてもらいたい」
「なんだったら友達や家族にも紹介して欲しい」
「〇〇や××先生に興味を持ってくれたなら、ぜひお返事下さいね。」
「〇〇は全てが素晴らしいから~」

というようなことが便箋2枚にわたって書いてあり、
××先生のありがたいお言葉みたいのは10個くらい書いてあった。

今にして思えば、完全に怪しい団体の勧誘の手紙だ。
恐らく先日の選挙の電話で感触が良かったから、コイツならカモれると思って、連絡先がわかったついでに所属してる団体の勧誘の手紙を送りつけてきたということなんだろう。
もしかしたらネズミ講とかマルチ商法みたいなやつだったのかもしれない。

これがいわゆるラブレターって奴じゃないということにはさすがの私も気付いた。

しかし!

当時の私は前述の通り、
スーパー・ロンリネス・ロマンティック・ボーイだったので、

















勧誘されてる事には気づいてなかった!∑(゚Д゚)
素直に、「色々悩んだけどこうやって解決しましたよ~。大変だろうけど頑張ってね~。」みたいな内容の手紙だと思った。






なので!

この手紙に返事を書くことにした。∑(゚Д゚)


こんな手紙に返事を書くなんて危ねぇよ( ;´Д`)
何か高額なツボとか、絵画とか売りつけられたらり、洗脳されちゃったりしたらどうすんだよ( ;´Д`)





前述の通り当時の私はミラクル・クルクル・カーリーヘアー・ボーイだったので、
手紙をもらったら返事を書くというのが礼儀というものだと、その勧誘の手紙が読み終わるとすぐ、当然のように返事を書くことにしたのだった。

しかもまだ「タイプでは無いけど、あっちがどうしても付き合いたいって言うんなら付き合ってやっても良いけどよ( ´Д`)y━・~~」という気持ちでいた。

レポート用紙を1枚机の上に置き、ペンを持ってみたものの、手紙なんて書いたことが無いもんだからなんて書いたら良いやらわからない。

そこでもう一度送られてきた手紙を読み返し、その娘がどんな感じで書いているかを確認してみた。
冒頭で私と同じような色々な悩みを抱えていると告白しつつも、便箋1枚目の5行目くらいで××先生と出会って人生が変わったみたいな内容になり、その後、便箋1枚目の後半から2枚目の終わりまで「〇〇最高!」「××先生フォーエバー!」みたいな展開だったので、私もその展開を踏襲することにした。

まず最初に、
「僕もあなたと同じように色々な悩みを抱えております。果たして僕の人生の意味とはウンヌンカンヌン~」
とか
「大学を自主退学しようかと思っていてフニャラカピ~。」
みたいなことを書いた。

この後は、こんな私だがこうやって解決しましたよという内容を書かなくてはいけない。

もらった手紙はすでに悩みを解決してる人が書いているので、
現在進行形で訳も分からず悩みまくっている私とは違うと思うのだが、手紙の書き方をこのパターンしか知らないのでしょうがない。

だがやはり、悩みまくっている事を隠しきる事が出来ず、文章からどうしても病んでいる要素が滲み出てしまう。何度も書き直すうちに汚くなるレポート用紙。

悩みは5行目くらいまでに収めなければ。

そうだ!
そういえば、最初に電話で話した時に
「色んな本を読んだり、音楽を聴いたりしてるらしいね。今度オススメのを教えてよ。」
と言っていたのを思い出したので、自分の好きな音楽をあの娘に教えてあげよう!

冒頭の「人生の悩みゾーン」はできるだけ小さい字で書き直すことで、なんとか4行くらいで収める事ができた。

そこから好きな音楽の事を書くことにしたのだが、当時の私が熱心に聴いていたのは銀杏BOYZ。

よし!
銀杏BOYZのオススメな歌詞を載せとけば良いじゃん!

と思ったのだが、私の好きな「SKOOL KILL」という曲は、
「学校帰りに君の後ろをつけてみたんだよ」
という歌詞から始まりサビは
「君のことが大好きだから僕は歌うよ」
という感じだ。
相手が真剣に、色んな悩みを持っていたけどこうやってなんとか解決しましたよと手紙に書いてくれたというのに、これだと私の返事がラブレターみたいになってしまう。もしくはストーカーと思われてしまうかもしれない。真剣な手紙に対する返事として、こういったラブソングの歌詞を引用してカンチガイされては困る。

何度も言うようだが私はあくまで、「あっちがどうしても付き合(以下略)( ´Д`)y━・~~」というスタンスなので、この曲は相応しくない。

そこで私は「人間」というシリアスな曲の歌詞を載せることにした。

小さい字でウダウダと悩みを4行くらい書いた後、それまでより少し大きめな字で、『そういえば先日、電話で話した時にオススメの音楽や本があったら教えてねと言ってましたよね。僕の好きな曲は銀杏BOYZの「人間」という曲です。歌詞はこんな感じです。』と書いて続けてこの曲の歌詞の1行を書き殴った。

『僕等は飯食ってセックスするだけの人間様さ』

そして、
「いかに銀杏BOYZが素晴らしいか~」
「ボーカルの峯田君がブログでこんな事を言っていて~」
「メンバーの人も本当に良い人ばかりで~」
「人生に悩んでいるようならぜひ銀杏BOYZを聴いてみてもらいたい!」

という内容の文章を書いた。

さらに、「そうだそうだ。最近読んだ本の紹介もせにゃならんのだったな、こりゃ忙しいわい。」と『好きな本は大槻ケンヂのエッセイです。』と書いて、銀杏BOYZと同様に大槻ケンヂのエッセイの面白さを書き綴った。その頃には、調子が出てきてウッカリ文章が長くなってしまい、気づいたらレポート用紙も2枚目になり、結構ギッチリと書き込んでいた。

このフォーマットで文章を書くとあら不思議。

私は銀杏BOYZというバンドの大ファンで大槻ケンヂのエッセイもよく読んでおり、それらを聴いたり読んだりしてるうちに悩みが解決しました。あなたも一緒にこの人たちを応援しませんか?
という勧誘の手紙になっていた。

私は自分で読み返してみて、
ただ純粋に、これでこの娘が、銀杏BOYZや大槻ケンヂのファンになって、趣味を共有できる友達になってくれたら良いなぁなんて思った。

「これでよし!」

急いで郵便局に行き、封筒を購入して発送してきた。

まさか勧誘の手紙に対して勧誘の返事が送られてくるとは、その娘も思っていなかっただろう。



少し汚れたレポート用紙。
最初の数行は小さい文字でウダウダとしょうもない悩み事を書いてあって、
その後、急に少し大きめな字で
『僕等は飯食ってセックスするだけの人間様さ』
と書いてあり、
その後はまた段々と小さな字になっていき、ネチネチした文章が書いてあるというこの手紙…。

まさかこんな返事が帰ってくるなんて思っていなかったろう。

おい。
ハタチの私よ。
いくら銀杏BOYZが好きだからといって、
ハタチの女の子に宛てた手紙に

『僕等は飯食ってセックスするだけの人間様さ』

と、そこだけ抜き出して書くのは良くないんじゃないかな~。
ちょっとトゲトゲしすぎかなぁ~、うん。

あとね、何がわけわかんないかってね、
この歌詞を引用してるくせにね、

その当時、

私は、




















私は『セックス』というものをしたことがなかっただろうが!∑(゚Д゚)



何をわかったようなことを書いてんだよ!∑(゚Д゚)
彼女もいたことないくせに!∑(゚Д゚)




お前は『飯食ってセックスするだけの人間様』
じゃなくて

『教習所でキャンセル待ちしてるだけの童貞くん』だろうが!∑(゚Д゚)




「憧れ」か!?
「飯食ってセックスするだけ憧れ」か!?


もうね、ワケわかんなくなっちゃったのよ。

彼女もいたことなくて、毎日の冴えない生活を送っている奴がある日、急に、女の子から電話で誕生日おめでとうと言われて、オススメの音楽や本を教えてって言われたり、手紙が届いたら勧誘も勧誘だと気付かないもんなんですよ。
逆に、こちらへようこそって感じで、相手の気持ちを一切考えず、むしろこっちが勧誘しちゃうんですよ。
偉そうに「セックス」とか言ってみたくなっちゃうんですよ。

散々勧められたその団体や代表の人のありがたいお言葉のこととか、手紙で一切触れてないからね。自分のことしか興味ないから。笑


それからしばらく、その娘からは音沙汰がなくて忙しいのかなと思っていたら、何ヶ月かしてまた手紙が届いた!


それがどういう内容の手紙だったかは詳しくは思い出せないのだが、たしかまた勧誘の手紙だったと思う。セミナーがあるから参加しませんか?みたいな、前回よりちょっと踏み込んだ内容だった気もする。

なのに、前述の通り当時の私はウルトラ・ヌーディストビーチ・ボーイだったので、
「これが文通ってヤツか…。彼女はいない俺だけどペンパルができた。」
と思い、またすぐに返事を書いたのだが、この手紙の返事は、11年経った現在、まだ届いていない。

ちなみにこの手紙には、
「自分の住んでいる町が隣の大きな市に吸収合併されて名前が変わるからさみしい」
ということについて結構長く書いた気がする。
知らんがな!∑(゚Д゚)って感じだったろうなぁ。
あとわざわざレポート用紙の欄外にHi-STANDARDの歌詞とか書いた気がする。
何やってんだ!笑
そんで前回同様、相手の手紙の内容には全く触れてない。
こんなに叩いても響かない太鼓ってあるんだね。
あの娘もよく2通もお手紙をくれたもんだよ。

それから割とすぐ、テレビかなんかで、久しぶりに同級生から連絡が来たと思ったら勧誘だったんですよね~という笑い話を聞いて、
「俺とあの娘のやりとりは文通じゃなかったのか!∑(゚Д゚)」
と衝撃を受けたのだった。


当時の自分に、「初めて彼女ができるのは、まだあと数年かかるぞ。」と言ったらガッカリするだろうなぁ。

さらに、「26歳で結婚して30歳で子供が産まれて、こないだの選挙はベビーカー押してったぞ」って言ったらワケわかんなくて一曲リピートで岡村靖幸ばっかり聴くと思う。





当時の私に聴かせたい一曲


俺たちの理想のライブのお知らせ

9月11日(日) 池袋ADM

メインステージ:ボンバーズ&チャランボ/ROSE HIP GARDEN/suiren(睡蓮)/BENJO SANDALZ/ 74(Jimisen/秀司/みちお)
サブステージ:音戯屋/マルヤマヒロシ/Haruka with ひらためぐみ/俺たちの理想

10:30/11:00/¥1000+1D

池袋ADM」のお昼の部のライブに出演させて頂きます。
俺たちの理想は12:15から出演予定です。
新曲やります!


連続100時間のライブのお知らせ

10月9日(日) 新宿メリーゴーランド

出演:
TAPE&DRIVES / THE AKABANE VULGARS ON STRONG BYPASS / joshunend / Heidi(MARY BELL PROJECT) 連続100時間 / 大山猛

10月10日(日)新宿JAM

詳細未定

10月18日(火)新宿JAM

SABAH(ひらまみきお、鈴木淳、中畑大樹)
竹前雅樹(elena)
pun pun morning
usikamosika
ナイチンゲールは1日中呼吸する
∞処女

サブステージ:連続100時間

OPEN未定 / START未定
ADV¥2500 / DOOR¥3000 + [D別]


ぜーんぶ観に来てね~!

連続100時間のサポートメンバー募集のお知らせ

都内で音楽活動をしている「連続100時間」という者です。

この度サポートメンバーを募集致します。

私がサポートして頂きたい内容は下記の通りです。








・ライブ中、私にピコピコハンマーで殴られ続ける。(ヘルメット着用有り。)
・ライブ中、私の横でお弁当などの食べ物を食べる。
・スケッチブックを持って、曲に合わせていいタイミングでページをめくる。
・フラフープ、縄跳び、スキップ、ダンス、ホイッスル、合いの手などの賑やかし。
・シンセサイザーやループマシンのボタンを押す。(押すボタンはこちらで指示させて頂きます。ただボタンを押すだけです。どうしても指示されたボタン以外のボタンやツマミを触ったり、万が一シンセサイザーを演奏したいというツワモノの場合は応相談。)


といった感じです。



サポートメンバーと聞いて、楽器のサポート、いわゆるバックバンドみたいのを想像されたかもしれませんが、
今回の募集はそういうのではなくて、

「連続100時間のライブをお手伝いする人」=「サポートメンバー」

といった趣旨です。


楽器の演奏やコーラスなどをサポートして頂く予定は今のところありませんが、気まぐれでやって頂くかもしれません。


「笑っていいとも」の「いいとも青年隊」みたいな感じをイメージして頂ければわかりやすいかと思います。

ゆくゆくは、電気グルーヴのピエール瀧さんとか、グループ魂の港カヲルさんみたいなポジションを目指して頂きたいのですが、とりあえず、ライブ中お手伝いをして頂きます。


なのでややこしいんですけど、
担当は「サポートメンバー」ですが、
正式なメンバーとして募集したく思います。



以下の条件に当てはまる方を歓迎致します。



・ナース服を持っている方。
・歌が下手な方。(歌が上手な方でも音を外して歌える方は歓迎です。)
・人から鼻で笑われるのが平気な方。(連続100時間は他のバンドの人から基本的にナメられてます。たぶん。知らんけど。そんな気がする。)
・全く笑われなくても平気な方。(日によっては客席が凍りついているかのような日があります。)
・私と知り合いの方。
・特に音楽に興味のない方でもやる気があればOK。



年齢は問いません。
男性の方のみの募集とさせて頂きます。
定員は1名ですが、複数応募があった場合は検討致します。
ステージ衣装は、寝るときの格好にして頂けると幸いです。
基本的には私がシンセサイザーやループマシンを使う日のみ出演をお願いしたく思います。
希望があれば、弾き語りの日に来て頂いても構いません。
サポートメンバーの方が出演の日はひとりで出演の日との違いをわかりやすくするために、何か「連続100時間と○○○」みたいな、名義にしようかと思います。「内山田洋とクールファイブ」みたいな感じです。




興味のある方は、ご連絡下さい。





ちなみに私は、自分が音楽活動をしていることを、自分の親や兄弟にはなんとなく内緒にしております。
あなたも家族に話せないようなことをライブハウスで思いっきり表現してみませんか?


なんつってね。


あと最後に。
長々と書いて申し訳ないのですが、
















この募集を見て応募されても、
基本的に99%以上の確率でお断りさせて頂きます。






いやぁ、私ってもう30歳なんだけど人見知りが激しいのでね。
あととんでもなく気まぐれ屋さんなんですよ。
人見知り気まぐれおじさんなんですよ。
だからね、今日は誰か一緒にライブやってくれる人が居たら良いなぁなんて思ってるけど、実際に誰かが加入してきたら、何を話して良いのかわからんし、面倒くせぇだろうなぁ〜とか思ってきて、ましてやブログでメンバー募集なんてしちゃってよくわからん人が応募してきちゃったらどうしようとか、あああ〜やっぱりひとりでやる方がラクだろ、という、考えになってきてるワケですよ、この文章を書きながらね。

ナース服などに関しては、もう自分でもよくわかりません。



まぁそれに、こんな風に募集したところで、特に誰も応募してこないでしょ。ふん!(*`へ´*)

もし万が一興味のある方は連絡下さい。

一応、連続100時間のウェブサイトから私とコンタクト取れますので、応募したいけど連続ちゃんの連絡先知らんって方はそちらからどうぞ。別にツイッターとかでもOKです。
ただ、マジで99%以上の確率で断るとは思いますのでご了承下さい。



そんなことより先日、ライブ動画をアップ致しました。良かったら見てやって下さい。




【あぁJ-POP】




先週アップしたこの動画、爆発的に再生回数が伸びておりまして、現在の再生回数は、
なんと8回!!!

そのうち2回は、なんとこの私だ!!!



ちなみにサポートメンバーの方は、この曲の時は特にすることがないので、ステージ上にお布団を敷いて横になったり、スマートフォンで天気予報を見たり、壁際に寝返り打ってオナラをしたりしてて構いません。




連続100時間のライブのお知らせ

7月27日(水) 

新宿どこかのライブハウスでサブステージで2曲くらい歌わせて頂きます。
なんか告知していいのかわかんないので、とりあえず詳細はまた後日。



8月9日(火)ワイルドサイド東京

料金 前売 ¥1800 / 当日 ¥2300
時間 開場 18:00 / 開演 18:30 
出演 HAU(ヤクルト) / たこやきタイガースバンド(阪神) / 一丁目のロリータ(巨人) / Squld(ソフトバンク) / 早坂拓也(楽天) /
フロアアクト : 連続100時間(from 下半身タイガース)
私は転換中に何曲か歌わせて頂きます。

備考 ※当日は野球の日につき、ステージ上バックネットをはってバックネット裏席あります。

だそうです。
イベント名が「究極!ハリキリまくりスタジアム2016」だって!
去年の写真も楽しそうです。



ではまた~!

連続100時間のサウンドに迫る!

巻頭特集『新しいタイプのギターヒーロー・連続100時間のサウンドに迫る!』

現在、最も暴力的かつエキセントリックなギターを弾くとか弾かないとか言われている連続100時間。これまでのギタリストとはちょっと違ったタイプのサウンドは各方面に衝撃を与えているとかいないとか。
本誌は先日、日本武道館でのワンマンライブを終えたばかりの連続100時間に直撃インタビューをした。


連続100時間(以下100)「(先月号の本誌をパラパラとめくりながら)へぇー。先月号は『増粘多糖類ズ』の『ソルビトール高橋』が表紙だったんだ?アイツもビッグになったもんだねぇ。最近会ってないけど元気そうで良かったわ。」

-(インタビュアー)「え?連続さん、『ソルビトール高橋』さんとお友達なんですか?」

100「うん。昔、お互いにインディーで活動してた頃は一緒にツアー回ったりしてたよ。あのころはまだアイツ『高橋ソルビット』って名前だったね(笑)。もっと遡ると、俺たちは一緒に『The La's』のコピーバンドをやってたんだよ。『Then La's』ってバンド名だったんだ。『ゼンラーズ』ってバンド名の通り、メンバーが全員全裸だから、ライブハウスに出る度に出入り禁止になっちまうんだよ。とうとう東京で出られるライブハウスがなくなってやむを得ず解散したけどね。まぁ俺たちがキッズの頃の話さ。」

- 「そうなんですか!それは貴重なお話を聞けそうなんですが、今回は『新しいタイプのギターヒーロー・連続100時間のサウンドに迫る!』というテーマで進めて参りますので。」

100「うむ。迫ってくれよな!」

- 「全裸で出禁になってた頃のエピソードは、ぜひブログにでも書いて炎上して頂ければと思います。
さて、先日大成功で幕を閉じた日本武道館でのワンマンライブ『連続100時武道館 ~ クーポンがなきゃやらない! ~』についてお伺い致します。日本武道館でのライブは初めてということでしたがいかがでしたか?」

100「うん、最高だったよ。ただね、アンプの奴が調子が悪くてさ、もう3曲目のギターソロの時にはすでにアンプを蹴っ飛ばしていたよ(笑)。…まぁそれでこの有様さ。」

- 「え!?まさかその足のギブスって、その時に…?」

100「そう。3曲目のギターソロの時にアンプを蹴っ飛ばしたら、どうやら足の骨が折れちまったらしいんだよ。で、そのまま3時間・27曲演奏したから、足の骨が再起不能なくらい粉々になっちゃってるらしいんだ。ビックリしたろ?」

- 「そうだったんですね。足はもう2度と治らないと。」

100「そうさ。こりゃ明日のヤフーニュースが楽しみだな!(笑)」

- 「確かにライブ中、床にゴロンゴロンと転げ回りながら、必死の形相の連続さんが両手で×のサインを出しているシーンが何度も見受けられました。まさかそんな大怪我をされていたとは。それでもバックバンドのメンバーは演奏を止めませんでしたね。」

100「うん。やっぱり、ほら、オーディエンスを前にしたら、ショー・マスト・ゴー・オンというかね。その辺が彼等のプロ意識なんだろうね。俺は本当に彼等を尊敬しているよ。ま、ベースのアンソニーの女癖の悪さは尊敬出来ないけどな。(笑)」

- 「とはいえ、連続さんはライブ中、メンバーやスタッフの方に向けて、両手で×のサインを何度も何度も出してらっしゃいましたよね。本音を言えば中止にしたかったのではないですか?3曲目以降はうめき声を上げているだけで、ほとんど歌もギターも演奏できていないように感じられました。」

100「まぁ…。足が痛くなかったというと、そりゃウソになっちまうけどさ、バックバンドの奴等のプロ意識がおれの魂に火をつけて気付いたら演奏を続けてたって感じかな。あと、あれは中止を求めて×のサインを出してたわけじゃなくて、なんというか…。算数のかけ算というか…。あ!そうそう!X JAPANをリスペクトしてるからX ジャンプをしてたんだよ。ま、とにかく不屈の精神というか、プロ意識だね。うん。プロ意識プロ意識。」

- 「なるほど。完全に無視されていたということですね。メンバーやスタッフから相当嫌われてらっしゃるということがよくわかりました。
続いて今回のライブで使用された機材についてお伺いします。メインギターはトレードマークとなっているシールだらけの小汚いアコースティックギターで、サブギターとしてオレンジ色のダンエレクトロもスタンバイされてました。」

100「どっちのギターも、ルックスに関しては最高さ。ただ、メインギターの音に関して言えば、どうやら低音が出過ぎてしまうらしいんだよ。こないだのライブでもPAさんに『低音が出すぎるからカットしてくれ。』って頼んだんだけど、そしたらさ、ライブ後、そのPAさんに『低音域をカットしたら一番肝心な中音域も全然出てませんでしたね。』って言われちゃったんだよ。あのギターを使い始めてだいぶ経つけどまだまだ使いこなせていないね。というか、中音域が出てないって気付いたんならPAさんが中音域を上げてくれればいいのにと思うよ。」

- 「さっきまでプロ意識云々と仰っていたくせに、自分のメインギターの音作りすら上手にできないんですね。まぁ、PAさんにも嫌われてるんでしょうけど。」

100「なんかさぁ、たまにさぁ、音がさぁ、キンキンなるんだよね、あのギター。」

- 「そりゃあ高音しか出てないんならそうなるでしょう。あなたね、素人じゃないんですから。ちゃんと自分で調整しないと。」

100「そっか~。ねぇ、君さぁ、ギターに詳しそうだからさぁ、今度から俺のライブの時のギターの音作りやってくれないかな?」

- 「やるわけないじゃないですか、気持ち悪い。
さて、今回の武道館ではうめき声を上げながら転げ回っていただけだったのでほとんど見られませんでしたが、連続さんの奏法といえば、激しいカッティングや荒々しいギターリフが特徴的です。サウンドホール付近にキズができてらっしゃいますね。」

100「そうだね。もともと大学生だった頃にハイロウズやハイスタのコピーバンドがやりたかったんだけど周りでバンド経験のある奴等に声をかけたら、全員に断られて。」

- 「昔から嫌われてるんですね。そんなんでよく生きてらっしゃる。逆に感心してしまいます。」

100「だろ?まぁ、それで仕方なく1人でパンクっぽく激しく弾くようになったのさ。速く弾くとそれっぽい雰囲気でるじゃない?」

- 「楽しいですよね。」

100「ね。まぁ、そのせいでサウンドホールの辺りにキズができちゃったんだ。」

- 「激しく弾くのは結構な事だとは思いますが、連続さんはリズムがしょっちゅうずれていらっしゃるので、もっと練習された方が良いのではないでしょうか。
先ほど、ハイロウズやハイスタの名前が挙がりましたが、やはり真島昌利さんや横山健さんからの影響が大きいのでしょうか?」

100「うん。健さんのギターを見て、俺もギターにステッカーとかガムテープとかを貼りてぇなぁって思ったもん。あとトモフスキーさんね。」

- 「ああ、そういう影響ですか。確かに連続さんのメインギターはシールがたくさん貼ってありますね。」

100「トモさんのライブで売ってたステッカーが可愛くてどうしても貼りたかったんだ。最初はトモさんのステッカーとハイロウズのステッカーだけだったんだけど、今ではだいぶ増えたね。スーパーで買ったお惣菜の容器に貼ってあったシールとかも、キレイに剥がせるとついギターに貼ってしまうんだよ。」

- 「健さんのギターはカッコ良いですけど、お惣菜のシールを貼ったりするなんていうのは、ギターに対する冒涜なのではないでしょうか。」

100「これはね、もう病気みたいなもんさ。ボディにペンキも塗っちゃってるし、マーチンの人にはくれぐれも内緒で頼むよ。」

- 「ヘッドのマーチンのロゴの上にもシールを貼ってしまってますから、そりゃ怒るでしょうね。両腕も再起不能になるまで折って頂いたらいかがでしょうか。
ちなみにチューニングはずっと1音下げチューニングですか?」

100「そ。これはトモフスキーさんがそうしてたから。トモさんの曲をコピーしようと思って1音下げチューニングにしてたんだけど、そのままのチューニングでオリジナル曲を作り始めちゃったのさ。レギュラーチューニングにするとキーが高くなって歌えなくなっちゃうから戻せないんだよ。
まぁ、そういうのも含めて『連続100時間』という音楽活動が一番影響を受けているのはトモフスキーさんだね。
ただ1音下げチューニングで困ってるのは、バックバンドのメンバーには何度言っても俺とチューニングを合わせてくれないってことなんだ。」


- 「なるほど!バックバンドのメンバーとチューニングが合っていないと!どうりで聴いていて不愉快な気持ちになると思いました。チューニングを合わせてくれないなんて、よっぽど嫌われるようなことを何かしてしまったか、私と同じように連続さんのことが生理的に受け付けないかのどちらかでしょうね。
さて、連続さんを聴いてギターを始めるなんていうキッズ達もいると思うのですが、彼等にメッセージをお願いします。」

100「そうね。君がもしギターを持っているなら今すぐ街の楽器屋に行って売り払ってしまった方が良いよ。俺みたいに足を骨折したくなければな。ロックなんかやってると親が悲しむぜ。」

- 「では最後になります。連続さん、あなたにとってギターとは何でしょう?」

100「シール帳だね。」

- 「今日はどうもありがとうございました。」






って何だ!?このインタビューは!?

わけわかんねぇよ!

何が『新しいタイプのギターヒーロー・連続100時間のサウンドに迫る!』だよ!
『新しいタイプのギターヒーロー』っていうキャッチコピーのダサさは何なんだよ…。
新しいタイプでもギターヒーローでもねぇし!

武道館でライブもやってねぇし、骨折もしてないぞ!
インタビューの内容からすると武道館のライブ大失敗じゃねーか!
つーか、よくできたな武道館で!
誰だよソルビトール高橋って!
ラーズのコピーバンドもやってないどころか聴いたこともねぇし!
バックバンドもいねえし!
このキャラもよくわからないし!
PAさんとのやりとりは本当じゃねーか!
お前にとってギターはシール帳なのかよ!

ただ、みんなからは嫌われてるかもしれない…。
みんな、良かったら俺と仲良くしてくれよな~。できればみんなと仲良くなりてぇよ~。ううう。
インタビュアーの奴もちょいちょい俺を嫌っているようなことが感じられる発言をしてくるしよ~。
まぁ全部自分で書いたんだけどよ~。

そういえば、
音楽活動を始めて何年か経つけど、一度もインタビューを受けたことがないな~。今後もインタビューなんて受けることはないような気がするわ。
誰か俺に興味がある人がいたらインタビューしに来て下さい。いや、やっぱり興味を持っていただけたらインタビューなんかよりライブを観に来て下さい。あと仲良くして下さい。(/ _ ; )

6月はライブが2本決まっております!
やったるでー!!

なんかThe La'sのことが前から気にはなってたんだけど、聴いたことがなかったのでこれを機に聴いてみようかな。
ハマったらThen La'sを結成するかもね。

…というわけで前置きが長くなりましたが、2016年6月現在の私のギターのシールの状況の写真を載せておこうかと思います。

こっからがメインかい!?
前置き長っ!!


20160605_01.jpg
これが現在の私のギターです。


20160605_02.jpg
ボディはこんな感じ。ちらかってます。
もともとは木目のきれいなギターでしたが自分でペンキで黒に塗ってしましました。どうかしてたんだと思います。


20160605_10.jpg
この水色の「April fool FOREVER」のステッカーが貼りたかったのさ。


20160605_03.jpg
これはうまい!


20160605_04.jpg
明日休みでもあさって早いからな


20160605_06.jpg
「カステラ」のステッカーが汗ではがれて「カラ」になってしまってます。
黒いペンキも少しはがれてます。


20160605_07.jpg
醤油


20160605_08.jpg
パンツ前開き


20160605_09.jpg
綿100%日本製


20160605_05.jpg
裏はこんな感じ。レアな連続100時間のステッカー!


現在の私のギターはこんな感じです。
今後どうなってしまうのでしょうかね。温かく見守ってやってください。



連続100時間のライブのお知らせ

6月11日(土) 渋谷Clubberia Cafe & Diner スタジオ

OPEN : 18時
料金 : 2000円 + 1ドリンク

ラッパーやポエトリーリーディングの方が多く出演されるイベントのようです。
私は22時頃から何曲か歌わせて頂きます。持ち時間少な目ですが、良かったら観に来てください~。

20160605_11.jpg


6月30日(木) 詳細未定

新宿のライブハウスに出させて頂きます。
告知していいのかわからないので、ひとまず日付だけお知らせ致します。
とりあえず私は有給休暇を頂く予定です。
あと久しぶりにシンセを持っていくかも!

«  | ホーム |  »

プロフィール

連続100時間

Author:連続100時間
連続100時間という名前でライブをしております。「俺たちの理想」のメンバーでもあります。
ウェブサイトはこちら。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
告知 (42)
ライブ日記 (7)
映画 (0)
マンガ (8)
小話 (28)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR